TEL:042-366-1648
東京都府中市宮町1-41-1 フォーリス3階
クリニック案内
アクセス・受付時間
HOME

府中市 眼科 府中 ヒトプラセンタ内服療法 白内障 ドライアイ アレルギー おやけ眼科

眼精疲労

Contents

〒183-0023
東京都府中市宮町1-41-1
フォーリス3階
>>アクセスはコチラ
TEL:042-366-1648

Mobile 緑内障のお悩み解決サイト

眼精疲労

眼精疲労

皆様は、毎日何時間くらいパソコンに向かっていますか。
また、コンタクトレンズを1日何時間装着していますか。長時間の方は、眼精疲労になる可能性が極めて高いので十分注意してください。

目の奥が痛む、チカチカする、かすむ、乾く、かゆくなるなどの症状やそれに伴う後頭部の痛みや肩こり、頭重感がある場合は、いわゆる眼精疲労であり適切な治療が必要です。毎日のパソコン作業で目を酷使することによるドライアイ、目に合っていないコンタクトレンズやメガネを装用していることなども眼精疲労の大きな原因になっています。

当クリニックでは、眼精疲労、ドライアイ、コンタクトレンズ使用が複雑に関係して症状を悪化させていると考え、これらの治療を積極的に行っております。

眼精疲労の症状とは

目の症状

・目がチカチカする(光がまぶしく感じる)
・目のかすみ(小さな文字がかすんで見える)
・目の奥の痛み(押されるような感じの痛み)
・目のかゆみ、乾き、ゴロゴロした感じ(ドライアイによる症状)
・まぶたがピクピク痙攣する

全身の症状

・肩こりがひどい
・頭痛、頭が重い
・イライラする
・集中力や持続力が低下する
・全身がだるい
・食欲がなくなる
・不眠

眼精疲労によって起こる症状は、目に限らず全身にさまざまな形で現れてきます。
特に、ひどい肩こりは眼精疲労患者の大部分に共通する症状なので、異様にひどい肩こりが続いたら眼精疲労を疑ってみるべきです。

眼精疲労の原因は

病気によるもの

風邪や高血圧、糖尿病、心臓病などの生活習慣病。精神的ストレス。

年齢からくる調節力低下

いわゆる老眼からくる疲れ。

長時間の視覚労働、OA機器、マスメディアの発達

パソコン作業の急増。携帯電話、電子メール、TVゲームなどの浸透(年齢を問わず)。
また、それらによって引き起こるドライアイ。これが、当院で考える最大の原因。

長時間の視覚労働により、目の筋肉(ピント合わせを司る毛様体筋)が疲労し、凝り固まってしまいます。筋肉を動かすエネルギーも不足し、筋肉内には疲労を促す乳酸が増え、視点が近くに固定されていたので目の筋肉は緊張したきりで一種の筋肉痛を引き起してしまいます。
これが眼精疲労の起きるメカニズムです。

目に合わないコンタクトレンズ、メガネの使用

不適切な処方、指導をされている場合も多い。

生活上、仕事上のストレスや生活パターンの乱れ

涙が減ると、目は危険状態に・・・
私たちの目は、まぶたを開けたままにしたり、涙が減ったりすると・・・角膜の上に「ドライスポット」という乾燥した部分が現れます。
普通は、こうなる前に、まばたきをして目の表面を潤していますが、涙の質や量が低下したり、必要以上に蒸発すると・・・まばたきをしてもドライスポットは残ったままに。やがて、最も痛みに敏感でキズつきやすい角膜が露出し、「目が乾く」といった不快な状態になるのです。

眼精疲労の対策

眼精疲労

1)休む
目を休ませることにより、酸素が補給され、緊張していた筋肉が弛緩する。

2)ほぐす
眼球周辺へのマッサージ、眼球体操、ツボ押しなどにより人為的に血行を促し、筋肉疲労をときほぐす。

3)遠くを見る
近くを見ると緊張する毛様体筋は、遠くを見るとゆるみます。遠くを見ることにより弛緩時間を早めることが可能。

眼精疲労を予防するかんたん眼球体操

1)眼球まばたき体操
まず、ギューとかたく目を閉じます。パッと開いたら連続10回まばたきをします。
再び閉じ、パッ。そして、まばたきを10回。これを3回繰り返します。
この体操は、ドライアイの方にも有効です。

2)眼球ぐるぐる体操
これも、まず目をかたくギューと閉じます。パッと開いたら、絶対に顔は動かさず、視線だけを右端に向けます。2秒見たら視線だけを下に、次に左、上へと時計回りで一周します。三周したら、今度は左から右、右から左、上から下、下から上へと対照的に視線だけを動かします。約3分くらいで十分です。

3)定点定物凝視法
仕事中でも少しの工夫でできます。
まず、手元の書類を2秒くらい見つめます。次に、視線を外の景色に移し5秒くらい。
これを繰り返します。だんだん、見る時間を短くしていき、近くと遠くを1秒ずつパッ、パッと切り替えながら行います。
目の疲れ具合により、全体がかすんだりすることがありますが気にしないでください。
あくまで、近くと遠くを交互に見つめることが重要なのです。

自分自身でできる眼球体操です。ぜひ、お試しください。

週末の過ごし方

1)休日はパソコン、携帯電話によるメール、テレビゲームを控える(目が常に休まらない)

2)深夜番組を見たり、夜更かしをしないようにする(睡眠不足が大きな原因となる)

3)夜間の長時間ドライブは控える(目だけでなく身体ともに疲労してしまう)

食生活の工夫

視機能に影響を与える重要なビタミンはビタミンAとビタミンB群

1)ビタミンA
目のビタミンともいわれ、角膜や網膜の細胞や角膜表面を保護する細胞を活性化させ、新しい細胞を作る役割があります。目の若々しさを保つには、必要不可欠なビタミン。特に30歳代より摂取を心がけてほしい栄養素です。

【多く含まれる食品】
・レバー、うなぎ、卵黄、バターなどの動物性食品
・ホウレン草、ブロッコリー、小松菜、ニンジンなどの緑黄色野菜
・ブルーベリー

2)ビタミンB群
ビタミンB1、B12は視神経の働きを高めて、視力低下を防ぎます。

【多く含まれる食品】
・豚肉、牛レバー、うなぎ、乳製品などの動物性食品
・さば、いわし、かつおなどの魚類
・玄米、ごま、大豆など

ビタミンB2、B6は網膜の働きを助け、眼精疲労による充血などを改善します。
最近、市販されてるサプリメントでも代用できるので是非これらの栄養素を積極的かつ効果的に摂取してもらいたいと思います。

おやけ眼科からのメッセージ

日常の生活や仕事の中においても、自分自身でできる対策はたくさんあります。
しかし、それもあくまで程度の問題であり、眼精疲労により生活や仕事に支障が出てくるような場合は、眼科的なしっかりとした治療、管理が必要となります。
眼精疲労は、私たちが今後生活や仕事をしていく上で避けられないものだと思います。
しかし、放置しておくと目だけでなく全身に多大な影響を及ぼします。
精神的にイライラする、抑うつ気分になるなど人の心の部分にも大きく関わってきます。
皆様には眼精疲労について今まで以上に知ってもらい、その対応について個人個人でしっかり考えて欲しいと思います。当院が眼精疲労の治療を通じて、少しでも皆様の手助けができれば嬉しいです。